2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラスに狙われたとび by ラピトーン
2001年春/とび5歳前くらいのときだったと思う。
ボクは、東京都三鷹市に住んでいた。

このマンションは50平米以上あり、ベランダも広く、
生活空間としては、快適だった。
ただ都心から少し距離があるので通勤は
地下鉄東西線、JR中央線のどちらかを使わないといけない。

スタジオジブリも近くにあり、
ジブリ美術館行きのネコバスが南口に停車してあった。
映画「となりのトトロ」の原風景を思わせる巨木が林立する
公園もあり、とにかく自然がここかしこに残っていた。

駅前のスーパーで、買い物かごのついたママチャリを
安く売っていた。
それを手に入れたボクは、いつも乗り回して移動していた。

ある日、自宅に帰る途中、道ばたで数人の女性達が
たむろして、わいわい話し合っているのを目撃した。
『なんだろう・・・』
地面に何か黒い物が落ちている。
だれか、ゴミの不法投棄でもやったのだろうか。
興味を持ったボクは、自転車に乗ったまま、その現場に行ってみた。
着いたとき、先ほど集まった3人はそれぞれ、解散していた。

黒い物はまだ、現場に落ちていた。
ハシブトガラスの雛だった。
巣立ち前と思われる。
もう、かなり大きくなった、羽も生えてきた雛である。
すでにカラスらしい鳴き声も発していた。
アア。アア。アア。
羽をばたつかせていた。
でも、飛べるようになるにはあと数週間はかかりそうであった。

『ははあ、巣から落ちてしまったんだな・・・』
ボクは上を見上げた。
垣根の向こうに私設の庭があり、数十mの高さの巨木が数本、
枝を伸ばし、天を覆っていた。
あのどこかに巣があるのだろう。

落ちてきた巣が見つかれば、そこに雛を返すこともできただろう。
しかし、上を見上げても、枝葉が生い茂っているだけで、
何も見つからない。
きっとかなり高いところから、木の枝をクッションにして、
地上まで落下してきたのだろう。

こういった場合、保健所に通報するのが得策である。
実は、カラスなどの野生動物は、都の条例によって保護されている。
勝手に捕獲したり、傷つけたりしたら、罰金を取られるのである。

でも、雛が落ちているのは、車道の端だ。
数十cm移動したら、ぐしゃっとカラス煎餅になってしまうだろう。
ボクは、垣根の向こうに雛を移動させようと思った。
持ち上げると、かなり重い。

成鳥の体重は、オス570g~830g、メス630g~740g。
だがこの雛は1kgくらいありそうだった。
そいつをもちあげて、灌木の向こうに移動させようとした瞬間。
道の反対側に、親鳥が飛んできて、
「カア!カア!カア!カア!」
と、警戒音を発し始めた。
うちの子供にさわるな!!あっちに行け!
そういうことだった。

ボクが、気にせず、垣根の隙間に押し込もうとした瞬間、
後頭部にゴンッ!
体当たりしてきた。
かなりの衝撃だった。
そして、連続攻撃が始まった。
体長は 56cm、巨大なくちばしを持つハシブトガラスに
狙われたら、たまったものではない。

ボクは、雛を垣根越しに投げ捨てると、自転車にまたがり、
一目散ににげだした。
カラスの攻撃はその後も執拗に続いた。
何しろ、自転車で、全力走行したところで、空中を滑空
してくるカラスのスピードのほうが上だ。
後頭部を3回ほどやられた、

その後、地元の三鷹市ではボクはカラスの社会で指名手配の
お尋ね者になり、マンションの外に出ると、
威嚇攻撃を受けるようになった。
だから、帽子を目深に被るとか、日傘を差すとか、
服装を変えるとか、鳥の目の利かない、
深夜に外出するとか、いろんな対策をとった。
かようにカラスの、執念深さはおそろしい。

hitchcock_toriry
こちらは ヒッチコックの「鳥」

そして、連中はついにボクのマンションをかぎつけ、
中庭にまでやってくるようになったのだ。
「カア、カア、カア」という不気味な声が聞こえた。
見るとベランダの手すりに奴が止まっているではないか。

同時に、ベランダに置いたケージの中のとびが、
バンバンと足ダンを始めた。
警戒しているのだ。
『これはやばい・・・』

ハシブトガラスの食性は雑食で、主に地上に降りて
歩きながら、虫や木の実、動物の死骸など、
あらゆるものを食べる。
また小鳥やネズミなどの生きた小動物を襲うこともある。
鋭い嘴は、突付くだけでなく咬む力にも優れており、
肉なども引きちぎって食べることができる。
生態が類似するハシボソガラスよりも肉食性が強い。

とびは、そのころ体重3kg。
脂ののった、美味しそうな腹をしていた。
ボクはすぐにケージを室内に移動させ、
カラスの脅威からとびを守った。
とびはなおも、不機嫌に足ダンをしていたので、
ケージから出してしばらく、室内で遊ばせた。

とびは今でも、カラスに限らず鳥の声には敏感で、
庭で遊んでいても、小鳥のチッチッという声で固まってしまう。
耳をぴんと立て、体を硬直させ、鳥警戒警報発令中の様相である。
あの時のことがトラウマになっているのかもしれない。

t_123r


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

ぴことららをもらったときの話(2)by ラピトーン
2004/01/12
Kさんと会った。
Kさんは、竹で編んだバスケットのようなものを下げていた。
「こんにちは。ラピトーンさんですか?」
「そうです。Kさん、はじめまして!!」
Kさんはバスケットの蓋をちょっと開けて、中を見せてくれた。
おお、その中には、むくむくとした、茶色い毛の固まりが動いていた。
Kさんは、車で駅まで来ていたので、駅近くの
ファミリーレストランまで行き、話をすることにした。
ワンボックスカーの助手席に、バスケットを置くと、
僕たちは店内に入った。
店内はペットお断りだからだ。

そこで、小一時間ほど、ウサギの話で盛りがった。
ボクはその場で、Kさんの似顔絵を描いてあげ、
「たまお」ちゃんの絵の額装したものを、手渡した。
Kさんは喜んでくれた。
その様子をボクはデジカメでパシャリと写した。
そして、車に戻った。

「あっ!!」
突然、Kさんが高い声を発した。
「どうしたんですか?」
「駕籠から逃げ出した!!」
見ると、助手席に置いてあった、バスケットの
蓋が開いて、底が見える。
つまり2羽は脱走したのだ。
「車の中にいるはずだわ。
ラピトーンさん、外に飛び出さないように見張っていてね!」
そう言うとKさんは、車の横のドアをスライドさせた。
ボクには、2羽がどこにいるのか、さっぱり判らなかった。
Kさんは後部座席の頭を掴むと、がらがらっ!とスライドさせた!
「あっ、やっぱり!!」
一瞬目の前をちょろちょろっと、駆け抜けていく影が見えた。
Kさんは、ウサギの動きを予測出来るようだ。
車の中に入り、しばらくごそごそやっていたが、
まず茶色い子の背中をつまみ上げ、バスケットに入れた。
次に黒い子も捕まえた。
ボクは、用意してきた、キャリーバッグを差し出して
2羽ともそれに移し替えてもらった。

「ありがとうございます。」とボク
「いえいえ、どういたしまして。」
Kさんとは駅で別れた。

キャリーバッグを提げて電車を降り、迎えに来てくれた両親とご対面!!
「なんで、2羽もおるんじゃ!聞いてないぞ!!」
と父が予想外の展開に怒りをあらわにした。
まあ、当然だろう。
ボクはブリーダーのKさんの意向を伝えたが
「とび、1羽だけでも大変なのに。
また2羽も連れてくるとは!!」
「お前も、親孝行な息子だよ!!」と
あからさまな嫌みをいわれてしまった。

ボクも親に叱られるのには、子供の頃から慣れている。
こういった時は、反論は一切しないことにしている。
台風が過ぎ去るのを待つのだ。

2004_0113_hahatr

2004_0113_tititry

さて、家に戻って、まず何をしたか。
とびの生活空間である、プランターの栽培ケース。
その上の段を片づけ始めた。
このケースは高さ2m、横幅1.5m、奥行き1m
ほどもある。
中は二段に仕切られているので、上の段に2羽を飼う
空間を作ることを考えたのだ。

しかし、とびが落ち着かない。
あっちにうろうろ、こっちにうろうろ。
そして、ぴこ(最初はぴのこという名前だった。
名前の由来は→ぴこの本名はピノコちゃん!? (@_@;)
とららを入れたら、
バンッ!バンッ!
バンッ!バンッ!
とびが、猛烈に足ダンして怒り始めた!!
「俺の家によそ者を入れるとは何事だ!!」
この時のとびの怒りはすさまじかった。

結局、ケースの二階を2羽の部屋に改造することはあきらめた。
別にケージを買ってそこに2羽を入れることにしたのだ。
2羽は、同じ親から生まれた姉妹なので、本当に仲が良かった。
いつも一緒に寄り添っていた。

2004_0114_pr_01ry

2004_0114_r_01ry

2004_0114_p_01ry

もうひとつの問題は、
若い♀を2羽連れて来たので、
交尾して、子供でも生まれたらもう大変なことになる。
ウサギの子だくさんで、一辺にウサギ屋敷と化してしまう。
ということで、かわいそうだが、とびは去勢手術を受けることになった。
その詳細はこちら→とびの受難(1)

2004_0113_p_02ry

2004_0113_t_01ry

最初はららとぴこを受け入れなかったとびだが、
今ではすっかり仲良しになった。
めでたしめでたし。

〈おまけ〉
さて、そのとびは今年の9月1日で11歳になる。
人間で言えばかなりのおじいちゃんだ。
一時期、弱っていたが、今は元気になり、食欲も旺盛。
どどどどどっと脱兎の如く走り回っている。
よく観察していると、人が動くと、それを察知し、
その人の進行方向に向かって走り、股の下をくぐって
追い抜くのが、とびのいつものやり方だ。
そしてこっちをじろっと見て
「どうだ、俺のほうが速いだろう!悔しかったら追い抜いてみろ!!」
とでも言いたそうに・・・

とにかく、負けず嫌いなウサギだ。
%82%A4%82%B3%82%A4%82%B3

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

ぴことららをもらったときの話(1)by ラピトーン
2003年12月
実家に里帰りする前、ネットでうさぎのことを検索していたら、
あるサイトの掲示板に「里親をさがしています」とあった。
愛媛県のブリーダーの方で、
「ロップイヤーラビットをお譲りしたい」とある。
Kさんという女性だ。

ぼくはとびを買うとき店員に、
「この子ウサギだけ、どうして安いのですか?」と聞いた。
すると店員は「実は、輸入するとき、種類別に分けて
いたのですが、この子ウサギが囲いから飛び出して、
どの種類か判らなくなってしまったんです。」
ボク「すると耳垂れウサギではないんですね?」
店員「いや、大きくなったら耳が垂れます。普通だったら
30,000円のところ、この子だけ10,000円です!お買い得ですよ!」
そう言われたので買ったのだ。
ところがとびは、成長しても全然耳が垂れなかった。
その後、引っ越ししたマンションがペット禁止だったため、
とびは実家で飼ってもらうことになったのだが…。

そういう経緯があったので、
「夢にまで見たロップイヤーのうさちゃんが貰える!!!」
ボクが狂喜乱舞してメールを送ったのは言うまでもない。

以下は、メールでやりとりをした内容だ。
********************************************
ボク:2003/12/19
こんにちは。
ラピトーンと申します。
僕は東京で仕事をしているんですが,
実家が愛媛県です。
来月帰省する予定です。
ドワーフラビットを一羽飼っています。
もう7歳になりますがいたって元気です。
ウサギの世話は両親がやっています。
スペースがあるのでまだ何羽か飼えそうです。
できましたらホーランドロップの子供を
一羽ゆずってもらえませんか?

Kさん:2003/12/21
こんにちは。
ご連絡が遅くなり申し訳ございません。m(__)m
里親さんを募集させて頂きましたKと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。
ホーランドロップの子供は3羽おります。
写真を添付させて頂きますので、良かったらご覧になってみてください。
ブルーとブルートートの子は3ヶ月半の女の子です。
この子たちは、出来れば一緒に飼っていただける方にお願いできれば…
と思っています。
2羽一緒にお願いできると非常に嬉しいのですが。
無理でしたら、1羽ずつでも結構です。
どうぞよろしくお願いいたします。

rara_syasinr

piko_syasinr

写真を見て、超かわいいと惚れ込んでしまったボクは、
『1羽でも2羽でも一緒だ~~~!!』
『たいした違いはなぁいい!!』
そう思い、すぐに返事を出した。

ボク:2003/12/21
ありがとうございます。
来月頭には帰省しますので、そのときいただきにあがります。
2羽でも全然OKです!
謝礼はいくらくらいお支払いしたらよろしいでしょうか?

ところがKさんは、謝礼など必要ない。
可愛がってくれるだけで十分だというのだ。
それでは申し訳ないと思い、Kさんの飼っているうさぎの写真を送ってもらい、
その写真を元に水彩画に描き起して、それをKさんに差し上げることにした。

Kさん:2004/01/05
こんばんは。
お世話になっております。
先日のお話にあった、写真の件ですが
ご好意に甘えさせて頂いて本当に宜しいのでしょうか?
ずーずーしく、写真を添付して送らせて頂きます。<(_ _)>
この子は9月に生まれた、たまおと言います。
兄弟がみんな亡くなってしまい、一人ぼっちで育ちました。
ずっと手元で育てたので、人一倍甘えん坊な子です。
今はアクシデントで、お鼻を齧られてお鼻が禿げちゃいました…
もう少し、目の感じが見えている写真を探したのですが
なぜかこんな写真ばっかりで…ごめんなさい。
お手数お掛けして大変恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

tamaochan_syasinr

「たまお」ちゃんの写真をもとにイラストを描きおこしてみた。

tamaochan_illustr

〈続く〉

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

空気清浄機、だぁいすき!? by ラピトーン
昨晩のこと、僕は仕事に疲れて、リビングのソファで横になっていた。

リビングは、ぴこ、らら、とびに、東京から連れてきたミミまで加わって、すでにウサギ部屋と化していた。
部屋には、ピアノ、キッチンテーブル、物置用のテーブル、ソファ、椅子、扇風機に、家庭菜園用の栽培ケース、米袋を収納している大きなポリバケツ、電話機の台、それに巨大なウサギケージと、黄色いウレタン製のとびハウスetc.が、壁にそって置かれている。

もともと、このリビングは、実家では一番広いスペースを誇っていた。
しかし、そういったこまごまとした、家具と、ウサギグッズに占領され、すでに半分ほどのスペースしか残されていなかった。

しかも、散らかし魔の僕が、東京から戻って、ここをメインの仕事場にしているのだ。
ものの一週間もしないうちに、広いキッチンテーブルとその周りは、ゴミ屋敷と化してしまった。

そこで気になるのが、ウサギの匂いである。
とくに、ウン●とおしっこの匂いは、4匹もいると、なかなか強烈である。

なんとかならないか?
そうだ!
空気清浄機を使おう!!

そう思ったのだ。
わざわざ、買う必要はない。
以前事務所に置いていた空気清浄機が実家にあるはずだ。

不要になったので、そのまま、実家に送ったのである。
案の定、それは、他の段ボールの荷物と一緒に置いてあった。
電源をいれると、ちゃんと稼働する。

よし、これを使おう。
二日ほどで、ウサギ部屋の匂いは、ほとんど消えてしまった。

マイナスイオンの効果のせいか、ウサギたちも食欲が回復。
とくに、長老のとび(もうすぐ11歳)が元気になり、凄い勢いで走り回るようになってきた。
これでよし、文明の利器は、素晴らしい!!

しかし、ちょっと待て!
手放しでよろこんでもいいのか?
一つだけ、心配があった。
この空気清浄機は、買って約一年、稼働させていたが、その間、電源入れっぱなし、しかも、フィルター交換を一度もしていないのだ。
だいぶ前の機種だから、すでに製造中止になっているはず。
はたして、交換フィルターは売っているだろうか?
ネットで検索したところ、この機種に適合する、交換フィルターを販売していることがわかった。

送料込みで3500円ほどだ。
さっそく注文をした。

フィルター交換のサインランプは点灯していなかったが、真っ黒いフィルターを通して、空気を循環させているのかも・・・と思ったら、そのイメージに耐えられなかったのだ。

新しいフィルターが届き、交換してみて驚いた。
やはり、真っ黒だったのだ。
それで、新品に入れ替え、新鮮な気分で仕事に没頭することができた。


その、フィルター交換が終わった日の夜の話である。

前置きが長くなって、申し訳ない。
仕事に疲れ、ソファに横になっていた。
だいたい、アイデアを考えている時、映像の繋がりをイメージしている時、僕は、なぜだか眠くなる。
うとうとしていた・・・
ふと、

ごおおおぉぉぉ、ごおおおぉぉぉ、

という変な音を聞いた。なんだろう?
音源を探し当てて、驚いた!

空気清浄機の汚れセンサーが全開になって、真っ赤に点滅し、怒りまくっているのだ!!
そして、そのファンの回転が、最高潮に達していたのだ!

なぜ??
空気は少しも汚れていない。
匂いもしない。
フィルターも、取り替えたばっかり・・・
汚れにつながるものは、一つもないはず・・・

そして、よくよく見て驚いた!
僕は、ソファーに横になって、顔だけ左に向けて、キッチンテーブルの下の空間を透かして、向こう側の壁際においてある空気清浄機を観察していた。
部屋の照明は、落として暗くしていた。
小さな蛍光ランプ一つだけの照明で、薄暗がりだった。

空気清浄機の前に、でろーんと、とびが寝ているではないか!
ほとんど体を密着させ、空気の吸入口近くに、鎮座ましましておられるではないか!
t_106ry

空気清浄機は、とびの体臭を吸い込み、その匂いのせいで、この部屋の空気は、汚れておる!
この匂いをなんとかしなくては!
消さなくては、空気清浄機の名がすたる!
と、フル稼働しはじめたのだ!!
kukiseijoukiry

しかし、しかしだ!
いくら空気を吸い込んで、匂いを消去し、清浄無垢な山紫水明の気を送り出しても、吸入口のそばに、とびが、へばりついていては、とびの匂いを消さないかぎり、彼の仕事は、終わらないのだ、永久に終わらないのだ!!

とびは、どうやら、彼の振動がお気に入りのようで、何度追っても、また同じ場所に、でろーん、と横になってしまうのだ。

今回は、空気清浄機くんに同情してしまったのだ・・・
かわいそうだが、壊れるまで働いてね。
残業手当は出ませんけど・・・

kukiseijouki_ill070721cr

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

笠間の思い出 by ラピトーン
2002年、とびが6歳のとき、茨城県笠間市に連れて行ったことがある。

僕の友人が、笠間市で陶芸家をしていた。
素焼きのプレートやお皿に、絵付けをするのを手伝ってほしいとのことだった。
絵付けの仕事は初めてだったので、とりあえず練習がてらに遊びに来てくれと言われた。

彼のアトリエは、山林の傾斜地を切り開いて建てた、立派な二階建てで、一階部分がアトリエ、二階が寝室とリビングなどの生活空間になっていた。
敷地は300坪もあり、土地がだいぶ余っていた。
庭には電気釜の別棟があり、そこで作ったものを焼いて、絵付けをし、釉薬や上薬をかけてもう一度焼く。
製品までの工程が、ひととおり全部できるだけの設備が整っていた。

中型のワンボックスカーに乗せてもらって、東京から笠間までのドライブをした。
そのとき、キャリーボックスにとびをいれて、笠間まで連れて行ったのだ。

いつもはイタズラ小僧のとびも、長時間の旅行に疲れたのか、現地に到着したとき、心なしか元気がなかった。
キャリーボックスから出して、アトリエの床に放した。
床はコンクリートで出来ていて、ろくろや、粘土の袋、バケツや清掃道具など、様々なものが置いてある。
でも、動き回るだけのスペースはたっぷりあった。

kasama_01r

とびは最初、新しい環境に戸惑ったようすであたりを見回し、それから、急に動き出した。
アトリエの隅に駆けていっては、くんくんと匂いをかぎ、あっちに行ったり、こっちに来たりと、一時もじっとしていない。

kasama_02r

いつものとびの調子が出てきたようだ。
ぼくは、床の上、キャリーボックスの近くに、持ってきたラビットフードをひとつまみ置いて、二階に上がった。

しばらくとびを遊ばせておいて、二階のカウンターで酒を飲もうということになった。

kasama_03r

友人はカクテル作りの名人で、その場でいろんな酒をブレンドして、即興でカクテルを作ってくれる。
もちろん、自分が焼いたグラスに注いで、勧めてくれる。
奥さんは、インテリアコーディネーターをしていた才女なので、自分で家の設計や、小物のコーディネートをしたそうだ。
それで、こんなしゃれた家ができた。
ぼくは、この家はアトリエとしてだけ使うのは惜しい。
ぜひ、民宿として、営業したらどうか?と、提案した。
二人とも、それはいい。
ぜひ考えてみよう、と意気投合。
ひとしきり歓談してほろ酔い気分になったころ、一階に下りてみた。

すると、とびがいない。
いや、いないのではなく、隠れる場所が多いので、飛び回っていたのだ。
「あっちに行ったぞ!」
「こっちだ、こっちだ!」
みんなで追いつめて、やっと背中の皮を掴むことができた。
そして、ふと気付いた。
この床に転がっている、無数の黒い玉は何だ?
とびのウン●だった。
しかもあちこちにしている。
あとで掃除が大変だった・・・

翌日は、天気がよかったので、裏山にとびを連れて行って、散歩をさせた。
もちろん、長いリードをつけて散歩させたのだ。

しかし、散歩とは名ばかりの、運動になってしまった。
いつも、マンションの一室で遊ばせていたので、自然の山に放されたとびは
野生に戻ってしまったようだ。
ものすごい、まさしく、脱兎の勢いで、一直線に突き進んだ。
僕は、ぐんっと引っ張られて、いやおうなく、とびに従った。
「お、そっちに行きたいのか、わかった、わかった!」
早足でついて行く。
すると、とびは突然飛びはね、まったく見当違いの方向に進路を変えた。
僕も、とびに付き従う。
また、だだだっだっ、だだっ、と走って、突然方向転換!
これの繰り返しである。

まったく予測がつかない。
ウサギの散歩は大変だということが、このときわかった。

「じいちゃん、楽しかったみたいだね。」
tm_013r
「あの頃は、ぶいぶいいわしてたもんです。」

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

とらっぴぃ~

Author:とらっぴぃ~
とび (♂うさぎ・享年11歳)
らら (♀うさぎ・享年6歳)
ぴこ (♀うさぎ・享年6歳)

とび、らら、ぴこの名前を取って「とらっぴぃ~」ということになりました。
Macで在宅ワークしてます。
(♀・?歳)

2007年夏より、
ミミ (♀うさぎ・享年6歳)
2010年春より、
大河 (♂猫・Mix・6歳)
2011年春より、
アンジュ (♀猫・Ragdoll・5歳)
が加わりました。

度々登場するラピトーンは管理人の弟(東京在住・イラストレーター)で、とび、らら、ぴこ、ミミのほんとの飼い主です。

別館はこちら
07.11/5以降のうさぎ飼育日誌は ZZ BUDDY へどうぞ。
ドンちゃん
素材お借りしてます
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
clock
カウンター
Last.fm
うさぎ・ねこ雑貨 39 web shop
SHOP
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。