FC2ブログ
2007/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
「君の隣に 緘黙という贈り物」を読んで
さくらかよさんの「君の隣に 緘黙という贈り物」を読みました。

kimino071004

冒頭に、「私が約15年間付き合ってきた緘黙・・・」と書かれてありました。
幼稚園から大学まで、しゃべれなかった15年間。
長いですよ。
どんなにか辛かったでしょうね。

彼女は、「幼い頃、お母さんの悪口を聞いて育った」んだそうです。
お母さんとお祖母さんの仲が悪く、いわゆる嫁姑の争い…。
えーッ!?
私もそうなんですけど。
私は母も祖母も好きだったので、両方の悪口を聞かされるのが嫌だったんだろうな。
弟は祖母に嫌われていたので、母にとってみれば味方。
私はどっちつかずの日和見主義者にしか見えてなかったようです。

さくらかよさんは「緘黙になった本当の原因は自分でもよくわからない」と仰っていますが、私もよくわかりません。
幼稚園のときにはもうしゃべってなかったし、その前にどんな決定的なことがあったか、覚えてないです。
でも、これを読んで、家族の問題もあるのかも?と思いました。

授業中、彼女と同じように、私も「あてられませんように!早くチャイム鳴れーッ!!」と、毎時間思ってました。
そんな授業、何の意味があるんだろう。

ゲームが好きな先生、いましたね。
こっちは、しゃべれない、笑えない、走れない、動けない…なのに、ゲームやれ?
拷問みたいだった。

私の場合は、本読みは出来たので、普段しゃべらない分、余計に国語や英語の教科書を読まされました。
読んだ後、必ず、「声が小さくて聞こえません。」とか言う子がいました。
めちゃムカつく!
私の代わりに読んでくれれば?

ある先生の書物からの引用で、「のどに鍵がかかった感じ」という言葉が紹介されていました。
ほんとにそうだと思います。

彼女が書かれた詩の中で、

  辛いときに辛いって言っちゃいけなかった
  もう 独りで頑張るしかなかった
  味方になってくれる人は少なくて・・・

というのを読んだら、涙が止まらなくなりました。

緘黙の子供達はみんな孤立していて、助けてくれる人もいない。
一人一人が無人島に住んでいるようなものかもしれません。

さくらかよさん、また繰り返し読みたいと思います。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

とらっぴぃ~

Author:とらっぴぃ~
とび (♂うさぎ・享年11歳)
らら (♀うさぎ・享年6歳)
ぴこ (♀うさぎ・享年6歳)

とび、らら、ぴこの名前を取って「とらっぴぃ~」ということになりました。
Macで在宅ワークしてます。
(♀・?歳)

2007年夏より、
ミミ (♀うさぎ・享年6歳)
2010年春より、
大河 (♂猫・Mix・6歳)
2011年春より、
アンジュ (♀猫・Ragdoll・5歳)
が加わりました。

度々登場するラピトーンは管理人の弟(東京在住・イラストレーター)で、とび、らら、ぴこ、ミミのほんとの飼い主です。

別館はこちら
07.11/5以降のうさぎ飼育日誌は ZZ BUDDY へどうぞ。
ドンちゃん
素材お借りしてます
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
clock
カウンター
Last.fm
うさぎ・ねこ雑貨 39 web shop
SHOP
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる