2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「君の隣に 緘黙という贈り物」を読んで
さくらかよさんの「君の隣に 緘黙という贈り物」を読みました。

kimino071004

冒頭に、「私が約15年間付き合ってきた緘黙・・・」と書かれてありました。
幼稚園から大学まで、しゃべれなかった15年間。
長いですよ。
どんなにか辛かったでしょうね。

彼女は、「幼い頃、お母さんの悪口を聞いて育った」んだそうです。
お母さんとお祖母さんの仲が悪く、いわゆる嫁姑の争い…。
えーッ!?
私もそうなんですけど。
私は母も祖母も好きだったので、両方の悪口を聞かされるのが嫌だったんだろうな。
弟は祖母に嫌われていたので、母にとってみれば味方。
私はどっちつかずの日和見主義者にしか見えてなかったようです。

さくらかよさんは「緘黙になった本当の原因は自分でもよくわからない」と仰っていますが、私もよくわかりません。
幼稚園のときにはもうしゃべってなかったし、その前にどんな決定的なことがあったか、覚えてないです。
でも、これを読んで、家族の問題もあるのかも?と思いました。

授業中、彼女と同じように、私も「あてられませんように!早くチャイム鳴れーッ!!」と、毎時間思ってました。
そんな授業、何の意味があるんだろう。

ゲームが好きな先生、いましたね。
こっちは、しゃべれない、笑えない、走れない、動けない…なのに、ゲームやれ?
拷問みたいだった。

私の場合は、本読みは出来たので、普段しゃべらない分、余計に国語や英語の教科書を読まされました。
読んだ後、必ず、「声が小さくて聞こえません。」とか言う子がいました。
めちゃムカつく!
私の代わりに読んでくれれば?

ある先生の書物からの引用で、「のどに鍵がかかった感じ」という言葉が紹介されていました。
ほんとにそうだと思います。

彼女が書かれた詩の中で、

  辛いときに辛いって言っちゃいけなかった
  もう 独りで頑張るしかなかった
  味方になってくれる人は少なくて・・・

というのを読んだら、涙が止まらなくなりました。

緘黙の子供達はみんな孤立していて、助けてくれる人もいない。
一人一人が無人島に住んでいるようなものかもしれません。

さくらかよさん、また繰り返し読みたいと思います。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

やっぱり元緘黙児は皆さん同じく
辛い思いをされてるんですよね。。。
その時、誰も理解してくれなかった分、
今、こうして理解し合えるだけでも幸せだなって思います。。。
やっぱり一人じゃないですよねっ!!!

私も本読みは出来たのですが、
どうしても声が震えてしまって、
できることなら読みたくなかったです。
本読みで声が震えるのは大学時代まで続きました。。。
今では普通にしゃべれるけど、みんなの前で喋るとなると
声が震えるので苦手です。。。
v-22野ウサギ。さんへ

さくらかよさんもそうだったように、緘黙だった時期は辛かったですよね。
その頃は緘黙という病気だと知らなかったし・・・
でも、自分だけが苦しんでいた訳ではなかった!
その時期のことを思い出すのは辛いですけど、自分だけじゃないという
ことが分かって、逆に勇気づけられます。

本の中でも触れられていますが、緘黙の後遺症というのもありますね。
コミュニケーションがうまくいかなかったり、人の目を見て話すのが
苦手だったり、電話が怖かったり・・・

本読みの時だって、小さい声も個性だと認めてくれれば、もう少し
楽だったんでしょうけど。
子供はみんな、笑顔で、元気で、大きな声ではきはきと話さなければ
いけない?
そうでない子は、そうなるように努力しろという教育なんでしょうか。
やばいッ!
教育批判みたいになってきそうです。
ま、文章下手なので、うまく批判出来ないから、大丈夫です。f(^ー^;
こういうブログを”ブログ散歩”で見た事がありました。実はこの病?とは別ですが、私はポリ-プ様声帯と言う喉の病気でして。。。。仕事上では非常に不自由する時が有ります。この病?に似て非なるものですがコメントを入れたことを思い出しました。
v-22sundayさんへ

そうなんですか。
もしかしたら、野ウサギ。さんのブログだったかもしれませんね。
野ウサギ。さんには大変お世話になっています。
この記事の、さくらかよさんのご本も教えていただきました。

sundayさんも大変ですね。
私も未だに会話は苦手なんです。
対人恐怖症もあるのかもしれません…。
仕事は何とかこなせても、人間関係で傷つくことが多いです。

喉、大事にしてくださいね。
はじめまして
とらっぴぃさん、はじめまして。以前、私のブロクを閲覧してくださったみたいで、ありがとうございました。さくらかよさんの著作を通じて、ネット世界の緘黙の皆さん同士のつながりは、より親密で確かなものになっていることを感じます。私は部外者ですが、皆さんの代弁をしたくて実社会で細々と孤軍奮闘しています。しかし、殆どの教育関係者には「緘黙症」は依然としてレアケースであり、ようやく発達障碍を主とする特別支援教育がスタートし、緘黙症どころでないのが現状です。
支援者(なんていうのはおこがましいのですが)は
どうすれば、お役に立てるのかな~と日々、悶々としつつ、教育関係者のなかで独りで緘黙の広報活動するのも、世間の無理解の壁は厚く、時々、虚しいです。
当事者でない私はブログでは何となく疎外感もあったりして。「緘黙がどんなに辛いのか、あなたにはわからない!」と突き放されるのですよね・・・
ちょっと凹んだ感じのコメントでごめんなさい。
私も動物好きで、今手元にあるのは「ペットと生きる」(北大路書房2006)を「場面緘黙児の支援」と共に読んでいます。どうぞ、宜しく御願いします。

v-22ゆきんこさんへ

野ウサギ。さんのブログでお目にかかりましたね。
コメントありがとうございます。

ほとんど飼っているうさぎのことがメインのブログです。
イライラしている時でも、動物には癒されますね。(^_^)b

今後も、少しずつ緘黙の記事を入れていきたいと思っています。
仰るように、発達障碍はテレビや新聞などのマスコミでも取り上げられる
ようになり、少しずつ認知されてきているようですね。
緘黙症の人は数も少ないし、普通に会話が出来る人には
なかなか気持ちを理解してもらえないかもしれません。
でも、緘黙児達は日々苦しみ、助けを必要としていると思います。

支援活動、大変でしょうが、頑張って下さい。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

とらっぴぃ~

Author:とらっぴぃ~
とび (♂うさぎ・享年11歳)
らら (♀うさぎ・享年6歳)
ぴこ (♀うさぎ・享年6歳)

とび、らら、ぴこの名前を取って「とらっぴぃ~」ということになりました。
Macで在宅ワークしてます。
(♀・?歳)

2007年夏より、
ミミ (♀うさぎ・享年6歳)
2010年春より、
大河 (♂猫・Mix・6歳)
2011年春より、
アンジュ (♀猫・Ragdoll・5歳)
が加わりました。

度々登場するラピトーンは管理人の弟(東京在住・イラストレーター)で、とび、らら、ぴこ、ミミのほんとの飼い主です。

別館はこちら
07.11/5以降のうさぎ飼育日誌は ZZ BUDDY へどうぞ。
ドンちゃん
素材お借りしてます
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
clock
カウンター
Last.fm
うさぎ・ねこ雑貨 39 web shop
SHOP
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。